スポンサーリンク

ローソン新Lチキ引き換え

掃除したり洗濯したり体を動かすことは朝一でして、せめて10時までは冷房を付けずに過ごそうと思うのに、最低限のことだけしたらへばって速攻で冷房を付けてしまいます。毎日、あちーあちー(~-~;)ヾ(-_-;)

 

f:id:gunmamatanaka:20170722072039j:plain

ローソンの新Lチキ 旨辛チキン引き換えてきました

 

つまみにパパにも買って、一緒に食べました。

からあげくんは結構買うけど、ローソンのチキンは初めて。

コンビニのチキンって、なんでこんなに美味しいのでしょう^^

旨辛は、つまみにもぴったりと、パパも喜んでおりました

ヾ(=^▽^=)ノ

 

ローソンの新Lチキ1個無料|Ponta [ポンタ]

 

 

こたつ布団は浴槽で洗濯

f:id:gunmamatanaka:20170717111037j:plain

働いていたころはお盆休みにしていましたが、次男が寝ると時間ができます。

長男にこたつ布団を浴槽で踏み洗いしてもらいました。

 

コインランドリーだと洗濯だけでも1500円以上、クリーニングだと5000円以上なので、今年は踏み洗いで節約です。

実家は、こたつ布団は洗濯せず汚れたら買い替え、10年以上洗っていないそう

(゚-゚;)ヾ(-_-;) 

 

こたつ布団の洗濯を自分でするの初めてという方は、水洗い可能かタグを確認してから自己責任でお願いします。ちなみに我が家は、コインランドリーで洗った時にタグは崩壊しました。。布団を洗う時は、ネットに入れてからというサイトがありますが、そんな大きいネットどこに売っているのやら。通販か??

 

酸素系漂白剤や、柔軟剤、おしゃれ着洗いの洗剤を使う方もいるようですが、お湯だけで踏み洗いをして、すすぎもなしが私流ずぼら術。

実家みたいに洗わないで何年も使う家もあると思えば、お湯だけでも十分でしょ 笑

 

夜踏み洗いして、できるだけ絞ったら浴槽の淵に一晩かけておき翌朝干すのが効率的です。

しかし!!

私は朝時間ができて晴れてたし急遽洗濯する気になったので、できるだけ絞って小さくしたら洗濯機で脱水してしまいました。これも、布団は絞っても重くて大きいので洗濯機が壊れる可能性もあるそうなので自己責任で☆ヾ(-Θ-:)

 

 

2mensmom.hatenablog.com

 

家事の中でも、洗濯は割と好き。特に、大物洗いは洗っても干しても寄せてもスッキリする

☆*~゚⌒('-'*)⌒゚~*☆

 

 

長男の行動にイライラ

f:id:gunmamatanaka:20170716153927j:plain

 

3歳の長男の行動にイライラする。

次男を抱っこすれば、〇〇(次男)ばっかり抱っこしてとヤキモチを焼き、今まで一人でトイレに行けてたのにママとじゃないと行けなくなり、何でも自分でやりたがり、何で何でと聞いてきて、大声を出しておもちゃを振り回して駆け回る…。

 

余裕のある時なら、成長に喜びさえ感じられるようなことが、乳児もいて授乳と家事に追われている中だとどうしても苛立ちを隠せない。

 

やっと次男を寝かしつけたところで長男が大きな声を出したり音の鳴るおもちゃで遊び出すので、「赤ちゃんが起きちゃうから静かにして」と言ってしまう。ご飯をこぼせば叱り、ママは赤ん坊にべったり。

産後、実家では赤ちゃんは多少放っておいても分からないんだから泣かしておいて、長男優先にしてあげなさいと言われたが、1時間毎におっぱいを欲しがり口をパクパクさせている赤ん坊をどう放っておけるのか。

 

長男は0歳3か月から保育園通いで、次男の出産でやっと自宅でママを独り占めして甘えられると思ったがわずか1か月。弟が生まれてからは、平日は外出もできずずっと家の中でおもちゃも制限され、甘えることも許されない。

 

赤ちゃんを抱いた後に長男を抱っこすると、ずしんと重くだいぶ大きくなったと実感する。しかし、昼寝をする長男を見ていたら寝顔はまだまだ幼く天使だった。

昼寝から起きた長男に、新しい保育園やっぱり探そうかと言うと、おうちがいいと言う。

 

家でみているといってもお絵かきをさせるでもなく、字を教えるでもなく、絵本を読んでやるでもなく、運動も散歩さえさせてあげられていない。食事だって給食の方がはるかに栄養バランスはいいだろうし、保育園なら季節ごとの行事で楽しませてくれるし、遠足や運動会などのイベントもあり、なにより先生や友達とのふれあいがあり学ぶことは多い。

 

 

たった二人の子育て、いろいろな面で一番楽だと言われる4歳差兄弟でさえこんなにアップアップしている母親で、これからの数十年後の子供の将来が哀れで心配。

それとも、これが産後うつってやつだろうか。。。

湊かなえ「リバース」

イヤミスの女王」湊かなえ、初めて読みました。

 

藤原竜也主演でTBSでドラマ化もされたそうです。

私は見ていなかったのですが、ドラマと小説では登場人物や展開が多少違っているようです。

 

ある1通の告発文をきっかけに、大学時代のゼミ仲間との旅行を振り返ります。

主人公はコーヒーの趣向があり、コーヒーの産地や飲み方などの記述が多く出てくるのでコーヒーが飲みたくなります。

授乳中の私には、大変酷でありました。。

 

旅行のゼミ生のメンツ4人は明るく、頭もよく見た目も良くスポーツもできて異性にもモテそうという設定。

一方、主人公は頭の良い大学のようですが、見た目は地味で冴えない設定。

 

学生時代、スポーツもできて見た目も良くて目立つ子と、パッとしない子が混ざっているグループがあって話が合うのか不思議に思っていましたが、この小説で謎が解けたのと同時に謎が解けたところが泣けました。

 

これから読もうと思っている方もいると思うので詳細は割愛しますが、タイトルのリバースとは、社会人になった主人公が学生時代の出来事を振り返るという意味だと思ってましたが、リバースには逆転という意味もあって掛けているのだと思います。

小説ですから、ノンフィクションにはないつっこみどころも多々ありますが、それを差し引いても最終頁の衝撃はなかなかです。

推理小説、久しぶりに読みましたが感動しました。

ちなみに私は、割と物静かで温厚で誠実そうな浅見先生がタイプ

▼*゚v゚*▼テヘッ

3歳長男の叱り方

f:id:gunmamatanaka:20170712154412p:plain

育児において、いかなる理由があろうとも子どもを叩いてはならないという人、10歳未満で口で伝わらない場合は叩くのもやむを得ないという人、育児書や専門家によっても意見が割れる。

 

主人は、自身の幼少期に叩かれた記憶があって、当時は嫌だったが今となっては普通だと感じているそうで、子にも叩く。

 

私の実家に里帰り中、子が「チーンッ」と言いながら、おちんちんを突き出すポーズをよくしていた。

私を含めて初めて見る大人が、思わず笑ってしまうので調子に乗って頻繁にするようになってしまった。

母と妹が子を連れて3人で日帰りの温泉に連れて行ってくれたのだが、その際も「チーンッ」を炸裂させ周りの人にも「かわいい」、「男の子はみんなするんだよ」などと言われてずっとしていたそうだ。

何度も見ている私や家族は、その都度止めなさいと注意し、注意された直後は止めるものの時間を置いてまたするの繰り返し。

 

一昨日、里帰り後の初日、大人は私一人の時に後ろから言ってきた。

やっと寝かしつけた赤ん坊が、その「チーンッ」に起こされた苛立ちもあり、口調を荒げながら、固まる子を叩いてしまった。

叩かれた後の子は怯え、叱ってから2日目の今日まで言わなくなった。

 

叱ったことで二度と言うなという私の思惑は伝わったが、躾としての私の叱り方はどうなんだろうか。

充足の中のストレス

子どもは二人の予定。

まだ親の看病もないだろうし、離婚でもしない限り当分の長期里帰りはないはずだ。


妊娠を親に報告し、第一子同様 里帰りの了承を得た時から、実家に帰ってまた子どもに返り、家事一切を代わってもらえること、四半世紀以上をともに過ごした家と家族に戻れることを楽しみにしていた。


しかし、いざ帰ってみると。
私の為なのだろうが、スマホや本を読めば産後は目を酷使してはいけないと言われる、第一子が欲しがるだけお菓子を与える、赤ん坊に抱き癖をつける、赤ん坊が寝たら自分も寝て体を休めろと言う割に実の家族である分遠慮がなく家族が入れ替わりで赤ん坊を覗きに部屋を開け起こされる。テレビを見れば祖母から、聞きとれなかったことや理解できなかったことの説明をしなければならない。

 

懐かしく嬉しくありがたかったのは最初の数日で、徐々に一人暮らしをしたいと思い始めたころの過ごしにくさを思い出した。
母親と妹がずっと家で退屈かと聞いてきたので、スマホも本も新聞も制限され、外出もできないし、パソコンも使えない…とつい愚痴ってしまった。
他にも、祖母は何度も同じことを聞いてくるし、言ってくるし、寒いといってリビングの冷房を切ってしまうし。群馬は全国でも1、2位を争う暑さなのに頭がおかしくなってしまったのではなかろうか。。大して親しくなかった親戚まで、赤ん坊の顔が見たいと遊びにくるし、暇な時間はたっぷりあるのに休まる時がない実家暮らし。


しかし、明日自分の家に帰り、あれもこれも自分でやってみて初めて、里帰り中どれだけ育児や家事をやってもらっていたかを痛感し、家族から受けた愛を実感するだろう。

 


これだけ、甘やかされ恵まれた温室生活の中にいながら、なぜあら探しのようにストレスを感じるのだろう。

虫歯菌

歯医者が大嫌いだった私。

痛かったら手をあげてねと言うくせに、手をあげても、痛いと声を出しても治療を止めない医師。
あれは治療を止める為ではなく、ここまでなら大丈夫という目安にしているだけにすぎないと知ったのは大人になってから。

 

あんな思いはできるかぎり我が子にさせたくない。外出時を除き、毎食後ハミガキをさせ仕上げ磨きもする。
実家の家族にも、生まれた時は虫歯菌はなく、周囲の人間の唾液から虫歯菌が感染すること、食べ物の口移しや、キス禁止はもちろん、スプーンやフォーク、箸の使い回しもしないよう、何度も伝えてきた。

一度入ってしまった虫歯菌は、ハミガキでは除去できないことも何度も。

 

なのに、なのに!!
昨日私の祖母が、風船を買ってきて長男と同じ風船を繰り返し二人で膨らませてはしぼませて、はしゃいで遊んでいた。。

 

私、呆然(;´Д`)

私の実の祖母とはいえ、ひ孫がかわいくて仕方がなく、米寿を迎えて日々の楽しみといったら、ひ孫の成長と年に数回の娘との旅行くらいの人間。

 


菌が菌がと騒ぎたて風船をふんだくる勇気を、あいにく私は持ち合わせていなかった。。