スポンサーリンク

言い聞かせ断乳を決行中

保育園の保護者面談という過去記事を書いてからわずか2か月ちょっとですけども。。

先日の口内炎地獄もそうですが、やっぱり母乳は血でできているというだけあって、授乳をすると喉も乾くし、抵抗力も落ちる気がする。

加齢による部分もあるだろうが、これだけ私自身が風邪を引くのは授乳をしているせいも大きいと思う。

自慢ではないが、中学校から専門学校の8年間、無遅刻無欠席の皆勤であったのに。

その間、風邪をひかなかった訳ではないが、たいてい寝れば治っていた。

今でも、会社を休むほど寝込むことはないけれども。

という訳で、息子の為ではなく自身の為に断乳を決断した弱い私です。

先々週からカレンダーにバツ印を付けて、言い聞かせ断乳を始めました。

分かっているのかいないのか、もうすぐおっぱいバイバイだよというと手を振る素振りをするも、今までに増しておっぱいをねだり、目が合えば抱っこ、おっぱい。

寝ている間も、常におっぱいを探しているのかと思うくらい眠りが浅く、赤ちゃんなのに先週末は目の下がクマのようになってました。

昨日は会社の飲み会だったので、主人に子守をお願いしました。

先月の7月いっぱいが卒乳目標。

主人がお風呂を入れてくれていたので、帰ってから添い寝で抱っこしながらおっぱいを飲ませながら寝かしつけて、それが息子への最後の授乳になりました。

飲み会の日が最後でちょうどよかったと思います。

もし、いつもどおりにパパがお風呂入れた後に授乳して、私のお風呂上りにもだらだら授乳して、添い寝で最後って段取りだったら、これがこの子に母乳をあげられるのもこれで最後かぁと私が泣きそうになっていたと思います。

パパが土曜日仕事だから急いで飲み会から帰ってきて、事務的に授乳して添い乳して自分もお風呂入ってって忙しかったおかげで、泣かずにすみました。

大丈夫か、息子。

大丈夫か、私 (・Θ・;)アセアセ…

近日中に、断乳報告しますね。