スポンサーリンク

ピースの手は難しいんだってさ

友人に育児相談

いくつですか?何歳ですかって聞くと、1歳の時は指を立てて「イチッ」って言ってたのに、2歳になってから年を聞いても一切答えなくなってしまった、2歳の息子。

彼女は、息子と同い年と、その下に年子がいる。

しかし、2人とも何をしても泣きやまない夜泣きをしたことがなく、昼間も何で泣いているのか分からず困惑することはないと言っていた。

彼女の答えは

2ってさぁ、言い難いし、ピースもまだできないんじゃないか

は?

冗談でしょ??

息子に、イチってやってみてと言ってみた

イチ

できる

ニってやってみて

すると、3本立ててみたり1本にしたり、もぞもぞしてしばらくしてようやく、なんとか2の指をした

確かに、2歳になりたてのころ、私がそうじゃないよ、こう、こう!!と何度も強くダメ出しをしたせいで、自信をなくさせたせいだと思う。

昔から友人は頭が良く、高校も大学ももっと上を狙えると周囲に言われながらも、私と同じ中級の高校を受験し、地元の大学へ進学した。

私は、自分の出来が悪いが故に、自分ができることは誰でもできると錯覚し、できないことに頭を悩ます。

しかし、がむしゃらに努力をせずとも、何でもそつなくできる彼女は、自分ができることが誰しもできるとは思わないのかもしれない。

良い大学を出て、一流企業に進み、キャリアを積んでから出産する人に育児ノイローゼは少なくないらしい。

完璧主義で挫折を知らない人にとって、育児は思い通りにならないことばかりで気がおかしくなるのだろう。

優秀な彼女が育児もそつなくこなせているのは、人は人、できないことはできないと思える寛大さのせいではないだろうか。

だから、優秀な彼女がこんなてきとーママと今だに遊んでくれるんだろう。