スポンサーリンク

内祝貧乏

f:id:gunmamatanaka:20170910110327j:plain

お返しいらないから、お祝いはこれだけねってくれた友達。

すごく気の利く人なのに、相手には気を利かせないようにする心配りに感服でございます。一生友達でいて欲しい大切な人の一人。

 

出産内祝い。
産後2ヶ月が経過し、ほとんどもう会いたかった人には会って、お祝い返しも済みました。
内祝いって、どういう意味なんでしょうね。
ちょっとセコイ話&愚痴なので、苦手な方は読まない方がいいかもです。
 
そういえば以前母が、親せきの〇〇ちゃんから、内祝いがないと言っていました。
その家は私の結婚祝いを出さないのに、自分の子どもの結婚祝いを催促してくるツワモノです。
半返しという相場で半強制的な内祝という制度じたいは非生産的で存在価値が疑問のものですが、その制度があってもなくても他人からの出産祝いで儲けようとは思ってないので、例えば1万円をいただいた場合8,000円くらいの金品をお返ししていました。
 
しかし!!
義姉Bに関しては。
子が6月に生まれたのに対して、義母と義姉Aは産後2週間後くらいに主人と長男が義実家に行った時にお祝いをいただきました。
すぐに内祝を買いに行き、私も赤ちゃんを連れて義実家へ届けました。
義姉Bからのお祝いはないのだろうと思っていたら、お盆休みに義実家へ行った時に渡されまして…
 
義実家と義姉B宅は徒歩圏内と聞いており、頻繁に行き来しているそうなので、渡すなら渡すでなぜさっさとお祝いを渡さないのかも疑問ですし、せめてお祝いを返しに行った時に貰えれば、内祝いも友達や他の人の分と一緒に買いに行ったり注文もできたのに。
 
仕方なく、義姉Bの分だけ注文したはいいけれど、しばらく義実家に行く用事はないので送ることになったのだけれど、送料って今年になって値上がりしてちょっと大きいものや重いものだと、1,000円を軽く超えて。
1万円貰って、8,300円の商品に注文時と内祝発送の送料で足が出てんじゃねぇか~!!!!
 
でも、もしこれが私の血族や友達ならまったく問題なく、むしろ送料なんて計算外なのに、結局義姉Bのことが好きじゃないってことでしょうね。
義姉Bに特に何をされたわけではないですが、恐らく義理という存在がうっとおしいのだと思われます。
 
今回、お世話になったのはカタログギフトとタオル
カタログギフトは、↓

出産祝いのお返し ルメール

 

タオルは↓ 

内祝いの贈答品に「楽しい驚き」を【育てるタオル】

 

スポンサーリンク