スポンサーリンク

ガン告知―その後

f:id:gunmamatanaka:20170926075010j:plain

最近、こういうたまごサンド流行ってますよね。

これはスーパーのものですが、とても美味しかったです^^

 

昨日、ガン告知を受けまして、その後の報告を。
 
今月初旬に契約した学資保険について、契約時に担当していただいた方へ連絡しました。
田舎のせいなのか、キャリアのせいか、機種のせいなのか、声が聞きづらいことがあります。
声が途切れたので、もしもし聞こえてますかと言ったところ、聞こえていますちょっと急だったもので戸惑いましたとのこと。
 
確かに、2回といえども健康体だと思っていた人がガンだったと知れば、何と言っていいか分かりませんよね。
調べて折り返しますとのことで、連絡をもらいました。
 
まず、保険契約とガン告知が同月なので、私が亡くなれば通院歴や健康保険の利用歴などを調べられるそうです。
で、産婦人科はもちろん内科と歯科を受診していたのですが、3カ月以内の通院なしと報告していました。
健康診断結果に経過観察があると記載し、その次の質問だったので経過観察の項目についての3カ月以内の通院だと勝手に勘違いしていたのです。
これから、保険の契約をされる方はお気をつけください。
 
通常だと満期より前に契約者が亡くなった場合、その後の保険料の支払いは免除で、満期になれば契約時の金額が受け取れるそうなのですが、私の場合はおそらく健康告知に偽りがあったとされ、今までの払い込み金額を戻されて契約は終了とのことでした。
 
でも、契約してから3か月以内のガン告知は、契約じたいが無効になると何かで聞いたような気がしたので、今すぐ契約が無効ということではなく、むしろ死んでも自分が払った分のお金が却ってくるなら別にいいかなと思いました。
担当者さん曰く、力になれず申し訳ないとおっしゃって、もしも万が一の時とか死んだ時の仮説を言いにくそうにされるのが仕事といえど気の毒でした。
 
その後、主人が義母には伝えておこうと言いまして、入院しても手伝ってもらう訳でもなく、余計な心配をかけさせるだけだと思いましたが、大事なことを知らせてもらえないことの方がショックだろうと言うので、主人に任せました。
私にも電話を代わってくれましたが、涙声で「私にできることは何でもするから」とおっしゃってくれましたが、ホント余計な心配をかけさせてますよね、私。。
意外に自分よりも他人がガンだと聞かされた方が、ショックかもしれません。
 
ガン保険には加入してなかったので、今日医療保険の契約のしおりを探そうと思います。
このブログを閉じて闘病ブログを立ち上げようかとも思いましたが、闘病をメインにしたくありませんし、また1からの作成・登録は面倒なので辞めておきます。
ブログ村のカテゴリに甲状腺がんをプラスしました。

にほんブログ村 病気ブログ 甲状腺がんへ
にほんブログ村

でも私、死なないと思います、今まで死んだことありませんしww
 

スポンサーリンク