スポンサーリンク

優しくなりたい

f:id:gunmamatanaka:20171104113058j:plain

強くなりたい、強い大人になりたいとずっと思っていた。

中学校から短大の8年間皆勤だし、心身ともに希望通り強くなった気がする。
が、強くなった分だけ優しさを失ったと思う。


他人に優しくできる人は強い人だと言う。

他人に優しくできるのは強い人というのは否定しないけれど、強いから他人に優しくできるとは限らない。


入院中、同室の人が手術を控えて、カテーテルを入れるのって痛いんですかと回診の看護師さんみんなに聞いていた。
手術の当日も、私が気づいたのは手術予定時刻の3時間前だったが、歯磨きとトイレを30分起きに繰り返し、手術に備える物は事前に看護師さんへ渡してあり当日用意するものなんてないのに、何やらずっと持ち物をがさごそしていた…
それを、私は。


カテーテル痛いかどうかなんて、看護師さん本人が経験なければ分からないだろうとか、さっき歯磨いたばっかじゃんとか、さっきトイレ行ったばっかでそんなに出ないだろとか、何をガサゴソやってんだと思っていました。

 

優しい人を目指すために特徴とメンタルの整え方10条 | HITOFURI

優しい人というのは、相手の弱みに付け込んだりしません。誰かに優しくするというのは、相手が精神的に弱っているときに、さりげなくサポートすること。また人の短所を出来るだけカバーしてくれる人も優しい人の特徴の一つです。

 

私の手術に、両親と主人と義母が来てくれました。
私の妹も来たがったようですが、子どもは感染症が心配なので、家で子守をしてくれていたそうです。


手術が終わり、手術室から病室への間家族の方に声を掛けますねと言われた時、私の両親は「お疲れ・大丈夫か」と言いました。

主人は私と正反対の性格でナイーブでとても優しい人なので泣き顔で無言なのが見えました。

が、不覚にも義母に気づかなかったのです。

義母は義父の手術の際、手術を終えた義父に〇〇ちゃん(私)も来てくれたよと何度も言ってくれていたのに。

 

義母も、がんの手術経験者であり義父の手術時は病院で待機していたので、手術した者と手術を待っている者、どちらの気持ちも分かっています。

手術の経験があるから、誰より前に出て自分の経験を洗いざらい話す人もいるでしょう。
しかし、私が病室へ戻り主人と話している時、私に教えようとした主人を制止し、そっと姿だけ覗いて帰ったそうです。


優しい人とは、相手の気持ちになって考えられる人。
私は義母が大好きなので、声をかけて病室へきていただいたらとても嬉しいですが、恐らく義母は私が気を遣うと思ってそっと帰ったのだと思います。


痛みの数だけ他人に優しくなれると言いますが、強いばかりで優しさの足りない私は自身の痛みにも鈍感で、義母のようになるにはまだまだ長い年月をかけて多くの痛みを乗り越える必要がありそうです。

 

スポンサーリンク