スポンサーリンク

パソコン貸して

先週末、主人と長男2人で義実家のトースターが壊れたらしく、新しいのを買って届けに行った。
そろそろ帰ってくるかなというころ、赤ちゃんが寝たので一人ドリップコーヒーを淹れて飲もうとした贅沢な一人時間♪
…と思っていたら、主人から電話。
 
義姉が今から家に来るらしいんだけど、ノートパソコンを貸してやってくれないか―
 
ノートパソコンなんてプライベートなものを、いくらパソコン操作に疎い人だと言っても嫌だと思いつつ
「じゃあ、パパのを貸せばいいんじゃない?」と言ったら、「俺のかぁ、パソコンを貸すのはいいけど俺の部屋に入れるのが嫌だな」とかぶつぶつ言いながら、近くまで来ているというので電話を切った。
 
コーヒーブレイクを中断し、掃除機をかけていたら10分とかからないうちに、主人と長男帰宅。
いつ来るのかと聞いたら、あと15分ほどで着くという…
 
掃除機がけは途中だが断念し、クッションなどの小物をあるべき場所へ戻し、とりあえずトイレのタオルを取り換え、トイレの掃除をしていたら義姉夫婦到着。
 
主人はパソコンを貸すことには抵抗は無いようだったが、自分の部屋へ他人を入れるのが嫌だったようで、デスクトップパソコンをリビングへ運んで貸していた。
突撃訪問の件は別にして、パソコンを貸すって嫌じゃないんでしょうか。
 
このブログに関してはバレたらバレたで仕方がないと思っているし、身バレを恐れてところどころにフェイクとかも特にしていない。
検索やダウンロード・インストールの履歴や画像などもこれは見られたら困るというものがある訳ではないが、何となく他人に自分のパソコン見られるのって抵抗が無いのだろうか。
 
以前、幼稚園の進級時期になるとミシンを貸してと言ってくるママ友がいるが、糸も何も用意しないで借りればいいやと思っている感覚が理解できないと言っている投稿を見たことがある。
裁縫とか普段しない人に限って借りればいいという声を聞くが、壊される可能性も大きいので自分で用意してもらいましょうという返答が多かった。
 
パソコンも同様に疎い人に限って、普段はスマホで事足りているし、パソコンやプリンタは借りればいいやという感覚なんでしょうね。
 
ちなみに何に使いたかったのかというと、SDカードから復元したいデータがあったようです。
主人のパソコンに復元ソフトをダウンロードしてもらって、ソフト代は義姉持ちと主人は喜んでいたが、復元ソフトを主人が使う日は来ないと思ふww
 

スポンサーリンク