スポンサーリンク

自然分娩信者はこうして増えていく…

ドラマ、コウノドリ

3話くらいから欠かさず見ています。

 

医師が患者に医療ミスでもないのに謝罪したり、麻酔医が足りていないのに産科医がわざわざむ帝王切開ではなく自然分娩にこだわったり、産科医が産後鬱の自殺未遂を救ったり、退院時にスタッフ総出でお見送りされたり、ドラマですからツッコミどころも多々ありますが、毎回感動の涙を流しております。

 

f:id:gunmamatanaka:20171115150652p:plain

前々回の放送の中で。

帝王切開で出産したことがある場合、子宮破裂リスクを考慮して次も帝王切開という流れが通常の中、2度目の出産では普通分娩を望む母親の話。

お腹を傷めて産んでないから、子どもに愛情が足りないのでは的な。

 

そんな訳あるかい!!!

帝王切開は、確かに出産に至っては手術ですから麻酔をして痛みはないでしょう。

 

が、麻酔した後はお腹切れてるんですよ。

お腹切られながら、お腹を傷めてないからなんてことがあるもんか…

 

ネットには、義母から「帝王切開なら楽できて良かったわね」と声をかけられたという人までいたが、産後の退院が自然分娩よりも帝王切開の方が3日ほど長い時点で大変なんだろうなと経産婦なら思わないのだろうか。

 

ドラマの中では、帝王切開も立派な出産であることに変わりはありません的なことを言っていたけれど、それこそ楽して産んでも立派と言ってあげちゃう優しい先生と感じてしまうのは私だけだろうか。

産後の傷の痛みや、リハビリ風景など、帝王切開こその苦しみも伝えないと経験していない者にはやっぱり伝わらないと思う。

 

来週は、救命救急の場面がちらり。

ドタバタな予告でしたが、また今からとても楽しみです。

別件で、産婦人科医の息子が「ジュニアくん」と呼ばれていたが、医者なんてほとんどが「ジュニアくん」や「ジュニアさん」のイメージ…

 

スポンサーリンク