スポンサーリンク

子どもの笑顔見たさに無限に増え続けるガラクタ

晴れた週末は

散歩がてら主人と4歳の長男は散歩へ出かけます。

最近は

仮面ライダーやらキューレンジャーやらに夢中の子のDVDをレンタルする為

徒歩圏内のレンタルショップへ行くことが多いです。

 

で。

帰ってくると、子どもの手にはガチャガチャが握られております。

「ただいまー」と笑顔で元気に帰ってきて

カプセルを開け、二人でニヤニヤしながらあーだこーだ言ってしばし眺めています。

 

が。

ガチャガチャのおもちゃの輝き持続時間はせいぜい12時間ほど…

 

あとは、ガラクタとなって

部屋に散らばっていくだけ。

 

主人に言っても、

100円や200円で喜んでくれるなら安いもんだ

と言います。

 

でも、今までガラクタにいくら散財してきたでしょうか…

 

f:id:gunmamatanaka:20171228090437j:plain

今は、処方箋も全国どこでも期限内であれば出して貰えます。

競争で囲い込み目的なのでしょうか

子どもには、男の用と女の子用と別れた

ファミレスさながらのガチャガチャが処方箋に置いてあり、

薬と一緒に子にガチャガチャメダルをくれて、おもちゃが貰えます。

 

無料だから文句は言えない、子は喜んじゃうから

要りませんとつっかえすこともできないんだけど、

ぶっちゃけ

ガラクタですから…